マイコムホームページはこちら
メールマガジン新規配信登録はこちら (問い合わせフォームよりお申し込み下さい)
------------------------------------------------------------------


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【MYCOM NEWS】    Vol.103   2012.10.15
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━ Index ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ――――――――――――――――――――――――――――――
 ■技研便り
  【 <新製品>脱調レス クローズドループ制御型モータドライバ TSD10 】
   <<<<サーボモータとの比較動画掲載>>>>
 ――――――――――――――――――――――――――――――
 ■新製品案内
  【 端子台接続タイプ 5相ステッピングモータ・ドライバ IMS51シリーズ 】
 ――――――――――――――――――――――――――――――
 ■「マイコムの独り言」 ・・・ 一言コラム
  【 ステッピングモータを駆動する装置=ドライバ 構成(8) 】
 ――――――――――――――――――――――――――――――
 ■京都・嵯峨野の風
  【 京の庭園  「宝筐院」 】
 ――――――――――――――――――――――――――――――
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

――――――――――――――――――――――――――――――
◆◇◆ 技研便り ◆◇◆
【 <新製品> 脱調レス クローズドループ制御型モータドライバ TSD10 】

<<<<サーボモータとの比較動画掲載>>>>

 このコーナーでは、VEST研究所をはじめとするマイコムの技術現場の
最新情報を紹介しています。

 今月は、クローズドループ制御型ネオサーボモータ・ドライバ「TSD
シリーズ」に追加されたAC入力電源タイプの新製品をご紹介致します。

 TSDシリーズはステッピングモータをベースとした脱調レスのモータ
ドライバセットです。ステッピングモータの特徴でもある、高速応答性能
やハンチングレスといった面をサーボモータと比較した動画もご紹介して
います。

<TSDシリーズの特徴>
■ ステッピングモータの特性はそのまま活かした独自の「脱調レス制御」
■ バネのような柔軟な動作を可能にする「押し付け制御」
■ モータの負荷に応じた駆動電流の自動調整による「エコ制御」

 ↓TSD10の商品紹介(動画紹介記事)はこちら↓
http://www.mycom-japan.co.jp/giken/201210/tsd10.htm

――――――――――――――――――――――――――――――
◆◇◆ 新製品案内 ◆◇◆
【 端子台接続タイプ 5相ステッピングモータ・ドライバ IMS51シリーズ 】

 UPSシリーズ等の旧製品5相ステッピングモータドライバの置き換え製品
としてIMS51シリーズをご用意していましたが、入出力系の端子がDサブ
コネクタであり、従来のUPSシリーズと同じ端子台接続タイプの製品が
欲しいとの要望を多く頂いておりました。

 そこでこの度、IMS51シリーズに端子台接続タイプの製品をご用意
しましたのでご紹介致します。

 ↓端子台接続タイプのIMS51シリーズ 製品詳細はこちら↓
http://www.mycom-japan.co.jp/driver/ims51/ims51-03.htm

――――――――――――――――――――――――――――――
◆◇◆ 「マイコムの独り言」・・・ 一言コラム ◆◇◆

■ ステッピングモータをお使い頂くために(28) 
「ステッピングモータを駆動する装置=ドライバ 構成(8)」

 先月号はブレイクタイムを頂きましたが、定電流駆動回路の説明を
再開します。

 今月号も引き続き4月号掲載の図47・48
http://www.mycom-japan.co.jp/mail/mag/column/c2012.htm#c201204
を用います。
 定電流駆動回路の中に朱色★印がついた素子がFETで、モータへの
電力を調整しています。
 定電流制御の要です。
 このFETからモータコイルへ電力が供給されますが、このFETを制御
(ON/OFF)しているのはモータコイルから戻ってきた電力が
「電流検出」回路を通る時の状態です。つまり”モータ自身が電力を
調整”しています。
 このループになった制御系は、アナログ制御回路の絶妙なバランス
が見て取れる回路です。

 では定電流駆動回路の動きを、概観致します。

(1) モータ停止の状態で電流値を、出力電流設定回路のボリュームにて
定格に設定します。

 定電流制御は文字通り「モータへの電流が一定になるようにする」
制御です。
 つまり負荷に対して必要なトルク=電流ではなく、あくまで一定の
電流にします。
 これはステッピングモータの定電流制御の基本となるものなのですが、
必要以上の電流が消費されるケースもあります。
不要な電流増加やモータ発熱の要因となります。

 只今好評発売中のドライバはTSDシリーズは、必要なトルクを必要に
応じ自動調整する機能を持っている省エネ・ドライバです。
 今月号の技研便りや弊社HPに紹介ページをご参照下さい。
 http://www.mycom-japan.co.jp/nss/tsd100/tsd100.htm

 さて定格電流に設定されたモータが回転を始めます。

(2) モータコイルへの電流がFETのON/OFFにより制御されて、モータ軸
が回転します。
 モータ回転が早くなればなるほどコイルに電流が流れにくくなって
いきます。

(3) このままではモータへの電流が小さくなって、発生トルクが低下します。

(4) この電流低下は、”電流検出” 回路で検知されます。
 定電流制御FETのスイッチングON幅(PWM)を長くし、(1)の定格電流値
になるように調整されます。

(5) 更に高速になっていくと、ますますコイルに電流は流れにくくなります。
 PWMスイッチングを全ONしても定格電流に持って行く事が出来なくなります。
 図51を、ご覧下さい。
 http://www.mycom-japan.co.jp/mail/mag/column/c2012.htm#c201210
 横軸に速度、縦軸にトルクを示したトルクカーブ図で、低速から高速まで
のPWM幅の推移を示しました。

(6) ステッピングモータの発生トルクが一定の速度以上になるとトルクが
下がってくるのは、この特性によります。
 図51では、速度A付近から低下しています。

(7) 高速域でももっとトルクが必要であるなら、同じ定格電流でも電源電圧
がより大きい機種で対応します。

 モータ回転が早くなるほど電流が流れにくくなるのは、コイルの抵抗が
速度に比例して大きくなるからです。
 コイルの抵抗は交流抵抗と言い、誘導リアクタンスとも言います。
 誘導リアクタンスは、コイルに与えられる電流のON/OFF周波数に
比例します。
 周波数が高く(回転速度が早く)なるほど誘導リアクタンス(交流抵抗)値
は大きくなり、電流は流れにくくなるわけです。
 誘導リアクタンスの大きさを表す単位記号は「Ω」を用いますので、
抵抗部品と同じでオームの法則に従っています。
抵抗部品と違うのは、電流のON/OFF周波数により動的に抵抗値が変化
する所です。
 話は、次号へ続きます。(mt)

――――――――――――――――――――――――――――――
◆◇◆ 京都・嵯峨野の風 ◆◇◆

 このコーナーでは毎月、京都・嵐山地域の寺院や見所を、四季を
感じる事が出来る風景と共にご紹介しています。

 今月は宝筐院の庭園をご紹介します。
 
 宝筐院は嵯峨釈迦堂の名で呼び親しまれている清涼寺のすぐ西隣に
あり、枯山水庭園は隠れた紅葉の名所となっています。
 また、女性専用ですが宿坊としても利用することもできます。

 http://www.mycom-japan.co.jp/saga/saga_1210.htm

==============================================================
製品に関するお問い合わせ sal@mycom-japan.co.jp

<ネットショップ開店しました>
「MYCOM WEB SHOP」 http://shop.mycom-japan.co.jp/

 各種デモビデオと総合カタログを収録したCD-ROMカタログも用意して
いますので、下記のページよりお申込ください。
https://ssl.alpha-mail.ne.jp/mycom-japan.co.jp/cgi-bin/mail/info.html

 メールマガジンの配信先変更および配信停止をご希望される場合は、
お手数ですが、メールアドレスをご記入の上、下記までご連絡ください。
info@mycom-japan.co.jp

==============================================================

マイコム株式会社 国際マネジメント室
〒616-8303 京都市右京区嵯峨広沢南下馬野町12番地
TEL: (075)882-3601 FAX: (075)882-6531
URL  http://www.mycom-japan.co.jp/