マイコムホームページはこちら
メールマガジン新規配信登録はこちら (問い合わせフォームよりお申し込み下さい)
------------------------------------------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【MYCOM NEWS】    Vol.101   2012.8.20
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━ Index ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ――――――――――――――――――――――――――――――
 ■技研便り
  【 各種製品 動画紹介記事まとめ 】
 ――――――――――――――――――――――――――――――
 ■「マイコムの独り言」 ・・・ 一言コラム
  【 ステッピングモータをお使い頂くために (26) 】
 ――――――――――――――――――――――――――――――
 ■京都・嵯峨野の風
  【 京の庭園  「落柿舎」 】
 ――――――――――――――――――――――――――――――
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

――――――――――――――――――――――――――――――
◆◇◆ 技研便り ◆◇◆
【 各種製品 動画紹介記事まとめ 】

 このコーナーでは、VEST研究所をはじめとするマイコムの技術現場の
最新情報を紹介しています。

 2004年から配信を開始したMYCOMメールマガジンも先月号で100号を迎え、
過去には動画を交えた製品紹介を多く行ってきました。
 今月は、その過去にご紹介した動画紹介記事のジャンル毎に注目製品を
ピックアップしご紹介します。

 ↓各種製品 動画紹介記事まとめはこちら↓
http://www.mycom-japan.co.jp/giken/201208/201208d.htm

――――――――――――――――――――――――――――――
◆◇◆ 「マイコムの独り言」・・・ 一言コラム ◆◇◆

■ ステッピングモータをお使い頂くために(26) 
「ステッピングモータを駆動する装置=ドライバ 構成(7)」

 電源回路の説明を、続けます。
 今月号も引き続き4月号掲載の図
http://www.mycom-japan.co.jp/mail/mag/column/c2012.htm#c201204
を用います。
 図47の赤丸で囲った電源回路の右上側に、突入電流防止回路が
置かれています。
 突入電流とは、電源投入の瞬間に回路に流れ込む過大な電流です。
 電源OFF時は、回路内のコンデンサは放電しきって空の状態になって
います。そこへ電源が投入されるとコンデンサを充電するために一挙に
電流が回路へと流れ込みます。この突入電流は大電流のため、
突入電流防止回路がなければほぼ確実に回路は壊れます。
 この回路は抵抗とトライアック(スイッチのような物)で構成され、
過電流の時には抵抗として働き、通常時には短絡(抵抗のない導通状態)
回路になります。
 突入電流防止回路はモータ制御に関与しない回路ですが、装置を守る
ための無くてはならないものです。

 その他、ドライバ内部で使用するためのDC電源回路を併せ持っています。
外部I/F(フォトカプラやラインレシーバ/ドライバ等)やロジックデバイス
(相分配ICやロジックIC)用の電源回路が付随します。12V・8V・5V・3.3V等
必要に応じて、トランスやレギュレータで電圧変換し供給します。

 電源回路についての説明は、これで終わりです。次号から定電流駆動
回路の説明へと移りますが、この回路の主要部であるPWM回路について
予習しておきたいと思います。
 PWMとはPulse Width Modulationの略で、パルス(P)の幅(W)によって
出力を変調(M)する制御方法の一つです。シンセサイザーや音源、電源回路
に用いられています。
 図47・48の定電流駆動回路内に朱色の星印を付けたFETで、PWM制御を
行っています。

 ではPWMにより何をどのように制御しているのでしょうか。
 ドライバ回路では、電源回路から供給される電力を後段回路へ適正な
値になるように大きくしたり小さくしたりしています。
 PWM制御回路のFETを、スイッチと考えて下さい。スイッチONの時は
電力が供給され、OFFの時は遮断されます。このスイッチON/OFFの
幅(W)の比率より、後段回路への電力供給量が調整されます。

http://www.mycom-japan.co.jp/mail/mag/column/c2012.htm#c201208
の図を、ご覧下さい。

 図50-1はPWM回路をスイッチに模し、電源から電圧Vpが負荷に供給
されている構成です。
 スイッチがONされる周期tは予め決めておき、これをPWM周期と言います。
 スイッチをOFFするタイミングを可変することでON幅が変わり、
負荷両端ABには図50-2のようなパルス波形が現れます。
 これだけでは電圧Vpのパルスが生成されるだけで、PWM制御には
なっていません。
 そこで図50-3のようにスイッチと負荷間に、コイルとコンデンサを
入れます。平滑(積分)回路です。
 平滑回路によってパルスON幅の割合に比例した電圧が、負荷両端に
供給される事になります。
 パルスON/OFFがそれぞれ50%なら2/4Vpになり、ON幅が75%なら
3/4Vpに制御されます。

 このPWM回路を使ってモータへの駆動電力を制御するのが、定電流
駆動回路です。
 このスイッチをOFFするタイミングを決めるのは、モータ自身です。
 アナログ制御回路の絶妙なバランスが見て取れる回路です。(mt)

――――――――――――――――――――――――――――――
◆◇◆ 京都・嵯峨野の風 ◆◇◆

 このコーナーでは毎月、京都・嵐山地域の寺院や見所を、四季を
感じる事が出来る風景と共にご紹介しています。

 今月は落柿舎をご紹介します。

 落柿舎は、松尾芭蕉の弟子、向井去来の閑居跡で、芭蕉が『嵯峨日記』
を記した場所としても有名です。
 落柿舎の名の由来は庭にある数十本の柿の木があり、その柿の実が
台風で一夜のうちにほとんど落ちつくしたのが由来とされています。

 http://www.mycom-japan.co.jp/saga/saga_1208.htm

==============================================================
製品に関するお問い合わせ sal@mycom-japan.co.jp

<ネットショップ開店しました>
「MYCOM WEB SHOP」 http://shop.mycom-japan.co.jp/

 各種デモビデオと総合カタログを収録したCD-ROMカタログも用意して
いますので、下記のページよりお申込ください。
https://ssl.alpha-mail.ne.jp/mycom-japan.co.jp/cgi-bin/mail/info.html

 メールマガジンの配信先変更および配信停止をご希望される場合は、
お手数ですが、メールアドレスをご記入の上、下記までご連絡ください。
info@mycom-japan.co.jp

==============================================================

マイコム株式会社 国際マネジメント室
〒616-8303 京都市右京区嵯峨広沢南下馬野町12番地
TEL: (075)882-3601 FAX: (075)882-6531
URL  http://www.mycom-japan.co.jp/