マイコムホームページはこちら
メールマガジン新規配信登録はこちら (問い合わせフォームよりお申し込み下さい)
------------------------------------------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【MYCOM NEWS】    Vol.100   2012.7.17
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━ Index ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ――――――――――――――――――――――――――――――
 ■技研便り
  【 マスタースレーブ制御デモ 「TSD100」 <動画紹介> 】
 ――――――――――――――――――――――――――――――
 ■「マイコムの独り言」 ・・・ 一言コラム
  【 ステッピングモータをお使い頂くために (25) 】
 ――――――――――――――――――――――――――――――
 ■京都・嵯峨野の風
  【 京の庭園  「妙心寺 大心院 庭園」 】
 ――――――――――――――――――――――――――――――
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

――――――――――――――――――――――――――――――
◆◇◆ 技研便り ◆◇◆
【 マスタースレーブ制御デモ 「TSD100」 <動画紹介> 】

 このコーナーでは、VEST研究所をはじめとするマイコムの技術現場の
最新情報を紹介しています。

 今回ご紹介するのは、脱調レスのステッピングモータ・ドライバ「TSD100」
を2セット使用し、2軸のモータの片方(マスター側)を人間が操作、
もう一方(スレーブ側)がその動きに倣って動作をするデモです。

 マスター側で操作した位置情報をそのままスレーブ側へ伝達するだけ
ではなく、双方向での力覚を伝える制御が可能なシステムです。

 ↓マスタースレーブ制御デモ動画の詳細はこちら↓
http://www.mycom-japan.co.jp/giken/201207/201207tsd100.htm

――――――――――――――――――――――――――――――
◆◇◆ 「マイコムの独り言」・・・ 一言コラム ◆◇◆

■ ステッピングモータをお使い頂くために(25) 
「ステッピングモータを駆動する装置=ドライバ 構成(6)」

 5・6月号ではステッピングドライバの回路構成の話から若干脱線しま
したが、今月号では戻ります。
 4月号掲載の図47・48(マイコムHPメニュー「メルマガ・バックナンバー」
からアクセスできます)を使い説明を再開します。

 http://www.mycom-japan.co.jp/mail/mag/column/c2012.htm#c201204

 図47はAC(交流)電源タイプ、図48はDC(直流)電源タイプの回路構成
ブロック図です。
 各タイプの回路構成の細部に違いがありますが、基本は同じです。

 先ずは、電源回路。
 図の左上の端子から、電源が供給されています。
 この電源回路はよく見かける回路構成で、ステッピングモータ制御専用
ではありません。

 保護回路は、許容を越えた電流が流れた時にドライバを発火や破損
から守ります。ヒューズを用いるのが、安価で確実です。
 ACタイプは電源として商用電源(電力会社のもの)を使うので、ノイズ
混入に備える必要があります。商用電源は建屋内で同系統電源線に
他の機器が繋がっていたりしますから、いろいろなノイズが混じります。
そのためにフィルターは必需です。DC電源タイプは、安定化電源装置
から電源が供給されているので、フィルターを不要にもできます。
ノイズは制御信号を乱すだけではなく高電圧のものもあって部品を
壊しますので、要注意です。

 AC電源タイプでは交流を直流に変換する整流回路があり、ブリッジ
ダイオードで構成されています。ここで+−双方向の交流が+側のみ
の山の連続状の交流に変換されます。
 山の連続状の交流は、後段の平滑回路=コンデンサの充電放電に
より直流に平滑化されます。

 またまたここで、少し脱線します。
 整流・平滑回路で交流をどのようにして直流に変えるのか、その原理
を是非ともお知り頂きたいと思います。整流・平滑回路は電気設計者な
らイロハのイなのですが、電子回路設計者でも原理は知らないと言う方
もおられるやも知れません。
 図49を、ご覧下さい。
 http://www.mycom-japan.co.jp/mail/mag/column/c2012.htm#c201207
 図49-1は、半波整流回路です。黒く塗りつぶされた三角形はダイオード
の回路記号です。ダイオードは、朱色の矢印で示した方向にしか電流を
通しません。
 入力端子に赤と青線で示した交流が入力されると、出力には赤線部の
みが現れます。青線部はダイオードに対して逆電圧になるので、出力
には現れません。
 次の図49-2は、全波整流回路です。ダイオードが4個になりました。
ブリッジダイオードです。
 交流の赤線部と青線部は、それぞれのダイオードの向きに制御され、
どちらも出力の+側へと流れていきます。サイン波状の入力電圧が、
出力では山の連続に整流されます。

 全波整流だけでは、まだ直流に変わったとは言えません。
 コンデンサを追加したのが図49-3の整流平滑回路です。
 ブリッジダイオードからの山の連続波形に対してコンデンサは、山側の
電圧の時充電され谷側の時放電します。この動作が連続的に行われる
ので、出力は平滑され直流になります。
 しかしこれでもまだ直流電源として安定しているとは言えません。
どうすれば良いでしょうか。脱線タイムの機会があれば、話題に致します。
(mt)

――――――――――――――――――――――――――――――
◆◇◆ 京都・嵯峨野の風 ◆◇◆

 このコーナーでは毎月、京都・嵐山地域の寺院や見所を、四季を
感じる事が出来る風景と共にご紹介しています。

 今月は大心院の庭園をご紹介致します。

 大心院は以前ご紹介した桂春院や退蔵院と同じく妙心寺の塔頭寺院
の一つです。
 妙心寺の中で通年公開されているのは、退蔵院、桂春院、大心院の
3寺院になります。

 また、大心院は宿坊としても利用されています。

 http://www.mycom-japan.co.jp/saga/saga_1207.htm

==============================================================
製品に関するお問い合わせ sal@mycom-japan.co.jp

<ネットショップ開店しました>
先月ご紹介した実習教材キット「TAK-001」も近日ネット販売開始予定です。
「MYCOM WEB SHOP」 http://shop.mycom-japan.co.jp/

 各種デモビデオと総合カタログを収録したCD-ROMカタログも用意して
いますので、下記のページよりお申込ください。
https://ssl.alpha-mail.ne.jp/mycom-japan.co.jp/cgi-bin/mail/info.html

 メールマガジンの配信先変更および配信停止をご希望される場合は、
お手数ですが、メールアドレスをご記入の上、下記までご連絡ください。
info@mycom-japan.co.jp

==============================================================

マイコム株式会社 国際マネジメント室
〒616-8303 京都市右京区嵯峨広沢南下馬野町12番地
TEL: (075)882-3601 FAX: (075)882-6531
URL  http://www.mycom-japan.co.jp/