マイコムホームページはこちら
メールマガジン新規配信登録はこちら (問い合わせフォームよりお申し込み下さい)
------------------------------------------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【MYCOM NEWS】      Vol.52   2008.07.18
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━ Index ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ――――――――――――――――――――――――――――――
 ■技研便り
  【 ステッピングモータを用いたゲート開閉駆動実験 】
 ――――――――――――――――――――――――――――――
 ■創造学習
  【 炭を用いた創造学習の現場をご紹介(4) 】
 ――――――――――――――――――――――――――――――
 ■「マイコムの独り言」 ・・・ 一言コラム
  【 マイコムの感性実験室(その15)
  脳波解析を用いた伝統的街並みと現代的街並みの視環境の比較研究 】
 ――――――――――――――――――――――――――――――
 ■京都・嵯峨野の風
  【 嵐電 鳴滝駅 】
 ――――――――――――――――――――――――――――――
 ■マイコムの海外拠点から届いた写真のご紹介
 ――――――――――――――――――――――――――――――
 ■マイコム・メールマガジン編集者からのお知らせ
  【 次号予告 】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

――――――――――――――――――――――――――――――
◆◇◆ 技研便り ◆◇◆
【 ステッピングモータを用いたゲート開閉駆動実験 】

 このコーナーでは、技術研究所をはじめとするマイコムの技術現場の
最新情報を紹介しています。

 現在建設中のVEST研究所に設置する入場門用ゲートをマイコムのステッ
ピングモータを使い実験、製作中です。
 今月はその実験機の動作の様子をご紹介します。

 ↓ゲート開閉駆動実験の紹介ページはこちら↓
 http://www.mycom-japan.co.jp/giken/200807/200807.htm

――――――――――――――――――――――――――――――
◆◇◆ 創造学習 ◆◇◆
【 炭を用いた創造学習の実験風景をご紹介(4) 】

 マイコムでは休憩時間や業務の合間を利用して、異存とする世界の知識
を習得する目的で理科学習キットや手作りの模型を用いた創造学習を行っ
ています。
 今回は先月に引き続き生産ショップにて行った炭を用いた創造学習の
模様をご紹介します。

<実験内容>
 ・炭パック入りスピーカーグリル周波数特性測定実験

 ↓炭を用いた創造学習の実験風景詳細記事はこちら↓
 http://www.mycom-japan.co.jp/dv/ca/ca2008-07.htm

――――――――――――――――――――――――――――――
◆◇◆ 「マイコムの独り言」・・・ 一言コラム ◆◇◆

■ マイコムの感性実験室(その15)
・・・脳波解析を用いた伝統的街並みと現代的街並みの視環境の比較研究・・・■

 前回に続き、マイコムの感性実験室にある感性スペクトル解析装置を使用
して纏められた、京都大学大学院 工学研究科 修士課程 佐賀淳一氏の
修士論文「脳波解析を用いた伝統的街並みと現代的街並みの視環境の比較」
を紹介します。

第2章 視環境シミュレーションの試料の作成
2-1 撮影方法
 呈示映像は、あたかも被験者が実際に地区内の通りを歩いているように
感じるよう、低速(4〜5km/h)で走行する自動車からの撮影とした。
カメラ位置は地上面より1500mmとし、人の視線の高さに合わせた。
撮影は早朝の薄明のうちに行い、天空光による条件をできるだけ均一な
ものとした。

2-2 撮影地区の選定
 呈示実験のための映像を、「伝統的」街並み及び「非伝統的」街並みに
おいて撮影した。以下にそれぞれの撮影地区を示す。

1)「伝統的」街並み
 京都市内における重要伝統的建造物群保存地区および歴史的景観
保全修景地区に指定された以下の四地区を選び、撮影した。これらの
地区は、制度的に認められ、かつ社会的にも明らかに「伝統的」であると
承認されているといえる。
 @.祇園新橋、A.祇園甲部、B.東山八坂、C.嵯峨鳥居本

 これら四地区は、平入り二階建てもしくは平屋の建造物が軒を接して
連なるという街並みの構成が似通っている。また、これらの街並みは、
いずれも道幅4〜5m以内に収まるもので、歩道は設けられていないこと
から、前節で述べた撮影方法で、歩行者と同じような視点が得られる。

2)「現代的」街並み
 1)において選定した各「伝統的」街並みと通りの規模、構成が似通って
おり、明らかに「伝統的」ではないことを条件に、京都市内よりそれぞれ
性格の異なる以下の3地区を選定した。
 @.桂千代原、A.桂坂ニュータウン、B.祇園(伝建地区以外)

2-3 映像の編集
(1) シーンの編集
 各地区にて撮影された映像を、各40秒間のシーンへと編集する。
なお、本論文では、映像を連続して呈示する区間(脳波を連続して計測
する区間)を「シークェンス」、各シークェンス中に8本ずつ挿入される一繋
がりの街並みの映像を「シーン」と表記する。
 
 「伝統的街並み」と「現代的街並み」から40シーンずつ、計80シーンを
作成した。以下に編集方法を示す。
・各シーンは、原則として1本の通りを直進する映像とし、街並みの連続間が
損なわれない限りにおいてカーブや屈曲という例外を数点織り交ぜた。
また、撮影映像のうち、人間や走行中の自動車が写っている部分は、シーン
の中に含まれないようにした。
・呈示映像の視点移動速度は、人がゆっくりと歩いた時の移動速度である
2km/時とし、全シーンの速度を調整した。
・「伝統的」・「現代的」という判断に関わる要素に比べ、無視できないほど
大きい影響を持つと判断した要因は、画面内の一部分を修正した。
・撮影された映像の質は、撮影時の光の条件に左右され、これは脳波の
出力に影響を与えかねない。よって本研究では、光の条件にランダムな
ばらつきを与えて無作為化し、その効果を誤差として処理することとした。
映像編集ソフトにて色調補正のエフェクトセットを輝度補正、色度補正の
二系列、5セットずつ作成し、これを各シーンにランダムに割り付けた。

(2) 音声の作成
 音声による影響が脳波の差異となって現れるのは回避する必要があるが、
無音状態は人間の生理にとって不自然である。そこで、比較的均質な
ベースノイズを各シーンに無作為に割り当て、音声の影響は誤差として
扱うこととした。各ベースノイズは、撮影地区にて別に録音された3系統の
音声をもとに作成した。

(3) シークェンスの編集
 作成した80シーンを、1シークェンスに8シーンずつランダムに割り付け、
計10シークェンスを作成した。各シーン間には20秒間のインターバルを
挿入した。
 作成したシークェンスは、1920×1080I、29.07fpsでMPEG-2形式にて
出力した。

-出典-
佐賀淳一:「脳波解析を用いた伝統的街並みと現代的街並みの視環境の比較研究」、2008年。

<堀江典生>

――――――――――――――――――――――――――――――
◆◇◆ 京都・嵯峨野の風 ◆◇◆
 このコーナーでは毎月嵐電の一つの駅にスポットを当て、その周辺の
寺院や見所を四季を感じる事が出来る風景と共にご紹介しています。

 今月は、鳴滝(なるたき)駅をご紹介します。
 鳴滝駅のすぐ近くにはオムロン株式会社の創業記念館や、大根焚き
でも有名な了徳寺があります。

 また、嵐山近くの池で見かけたカワセミの幼鳥の写真も合わせて
ご紹介いたします。

 http://www.mycom-japan.co.jp/saga/saga_0807.htm

――――――――――――――――――――――――――――――
◆◇◆ マイコムの海外拠点から届いた写真のご紹介 ◆◇◆

 今月は台湾マイコムから届いた、「国立歴史博物館」の写真をご紹介します。
 この国立歴史博物館は台湾で初の、そして最大の歴史博物館です。
 新石器時代の土器や石器から戦後の資料まで、6万点以上が収蔵されて
います。

 http://www.mycom-japan.co.jp/company/picture/0807.htm

――――――――――――――――――――――――――――――
◆◇◆ マイコム・メールマガジン編集者からのお知らせ ◆◇◆

【 次号予告 】
<技研便り>
■ 開設が間近となりました、VEST研究所の内部をご紹介いたします。

==============================================================
製品に関するお問い合わせ sal@mycom-japan.co.jp

 各種デモビデオと総合カタログを収録したCD-ROMカタログも用意して
いますので、下記のページよりお申込ください。
http://www.mycom-japan.co.jp/cgi-bin/mail/info.html

 メールマガジンの配信先変更および配信停止をご希望される場合は、
お手数ですが、メールアドレスをご記入の上、下記までご連絡ください。
info@mycom-japan.co.jp

==============================================================

マイコム株式会社 国際化情報室
〒616-8303 京都市右京区嵯峨広沢南下馬野町12番地
TEL: (075)882-3601 FAX: (075)882-6531
URL  http://www.mycom-japan.co.jp/