マイコムホームページはこちら
メールマガジン新規配信登録はこちら (問い合わせフォームよりお申し込み下さい)
------------------------------------------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【MYCOM NEWS】      Vol.45   2007.12.17
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━ Index ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ――――――――――――――――――――――――――――――
 ■技研便り
  【 技研便り 動画紹介記事 総集編 】
 ――――――――――――――――――――――――――――――
 ■「マイコムの独り言」 ・・・ 一言コラム
  【 マイコムの感性実験室(その9)
   ・・・被験者の聴覚について(2)・・・ 】
 ――――――――――――――――――――――――――――――
 ■京都・嵯峨野の風
  【 四季折々の風景・花をご紹介 】
 ――――――――――――――――――――――――――――――
 ■マイコムの海外拠点から届いた写真のご紹介
 ――――――――――――――――――――――――――――――
 ■マイコム・メールマガジン編集者からのお知らせ
  【 次号予告 】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

――――――――――――――――――――――――――――――
◆◇◆ 技研便り ◆◇◆
【 技研便り 動画紹介記事 総集編 】

 このコーナーでは、技術研究所をはじめとするマイコムの技術現場の
最新情報を紹介しています。

 2004年4月のメールマガジン発刊以降、多くの記事をご紹介してきましたが、
その中で今回は、動画を交えてご紹介した記事を中心に一覧表を作成
致しましたのでご紹介いたします。
 各動画記事はそれぞれ「モータ・ドライバ」「コントローラ」「メカトロ機器」
「アイデア」とカテゴリ分けを行い、ご紹介しています。

 ↓動画紹介記事一覧はこちら↓
 http://www.mycom-japan.co.jp/sitemap/movie_d.htm

 ↓技研便り紹介記事一覧はこちら↓
 http://www.mycom-japan.co.jp/giken/giken.htm

――――――――――――――――――――――――――――――
◆◇◆ 「マイコムの独り言」・・・ 一言コラム ◆◇◆

■ マイコムの感性実験室(その9)
  ・・・被験者の聴覚について(2)・・・■

 感性実験室では、脳波を測定するため、照明や映像による色彩・明暗・
景色などによる視覚刺激、旋律・リズム・音量・音質・音位(音源の位置)
などによる聴覚刺激、アロマセラピーや森林・海辺・山頂などの香りに
よる嗅覚刺激、各種飲料水の甘・辛・苦・酸などによる味覚刺激、周囲の
温度と湿度を変化させ人工太陽光を身体に照射すること、あるいはマッ
サージチェアによる触覚刺激を用い、被験者に様々な感性刺激を与え
ています。その感性刺激を受ける人の聴覚について引き続き説明させ
ていただきます。

1. ミラーニューロン
 ミラーニューロンとは、「脳の中の鏡による共感」を意味するもので、
他人による仕種が、あたかも自身の仕種であるように反応する脳神
経細胞をいいます。
 それは、当社社長湯場崎直養が意識型人工知能前提論で提唱して
いる「半知識」の概念と似たところがあり、人の「心」や「感情」は、この
ミラーニューロンによる作用と考えられます。
 意識型人工知能を搭載したロボットの頭脳に人工的なミラーニュー
ロンを移植すれば、ロボットは人の仕種を見て、その動作を学習する
ことができるようになります。
 なお、このミラーニューロンは、イタリア・パルマ大学のジャコモ・リゾ
ラッティ教授によって2002年8月に発表されたものです。

2. 高周波音(超音波)による刺激
 虫の声、小川のせせらぎなどの自然音には、人の耳には聞こえない
高周波音が含まれていて、脳神経細胞を活性化する働きがあります。
したがって、高周波音は、脳神経細胞の中枢(脳の最も深い部位)に
刺激を与えることが出きるものです。
 高周波音は、昔の人には聞き取れたものであり、それが近年の人の
営みによる進化や高度化社会によって高周波音を放つ環境が失われて
きたことから、現代人には聞こえない音となったと考えられます。
 このようなことから、本来の人間性を取り戻すためにも脳神経細胞の
中枢まで届く音の刺激は、健康維持・増進にとって重要なことと考えられ
ます。

3. サウンドの効果
 臨場感をともなったサウンドを聴くことは、リラックス効果があります。
人の脳神経細胞は、音の伝達時間と音の波形を基にして音源を把握し
ます。これは視覚の錯覚もあって実際とは異なりますが、意識上では
把握することができます。
 このような意識上の把握を逆用すれば、例えば左右から発する音の
位相を切り替えるようなこと、あるいは複数の音源には伝達時間を調整
できるようにし、さらに遠くにある音源には遅延させることによって音の広
がりがつくれ、音源を部屋の中央に置いても、その両側や前後から聞こ
えるようになります。

4. 英語学習支援システム
 まず、日本語と英語では、発音の音域に違いがあります。日本語は
母音中心であり、音域は250〜500Hz。このようなことから日本語の母音
は低く余韻が残り、子音は高くて歯切れよく聞こえます。
 一方、英語(欧米系言語の特徴)は子音が多く、音域は200〜400Hz。
このようなことから英語の母音は日本語よりも高くて余韻がなく、子音は
日本語よりも低くなります。

5. 音の慣れ
 低い母音に慣れる(日本語になれる)と音域の高い子音を雑音のように
感じてしまいます。そのため、高音域を強調した音楽や自然界の音を聴く
ことが重要となります。

6. 高音域を効果的に聴く
 高音域の音源が左右に移動するような音響(音楽)プログラムを制作し、
それを聴くことにより高音域での感度を高めることができます。
 それは、左右の耳の間にある延髄(えんずい)と中脳を刺激することが
でき、その結果、脳の血流が活発となり、高音域が聴きやすくなります。
あわせて、身体の免疫力までもが高まり、健康増進に繋がります。

7. 音声による感情判別
 最近、音声による感情判別が可能となってきました。現在、市場に出回
っている音声による感情判別システムは、音声収集用アンプとコンピュータ
によって構成され、収集された音の強弱・波長・リズムを分析、強い興奮・
興奮・平静・弱気の4段階に分類されます。

 -出展-
湯場崎直養:舞技(マイコム株式会社「技報」),03-01号,2003年10月

<作成 堀江典生>

――――――――――――――――――――――――――――――
◆◇◆ 京都・嵯峨野の風 ◆◇◆
このコーナーでは四季折々の風景・花を紹介していきます。

 今月は、常寂光寺(じょうじゃっこうじ)の紅葉をご紹介します。
常寂光寺は紅葉の名所としても大変有名な寺院で、撮影で訪れた11月23日、
12月2日共に多くの観光客で賑わっていました。

 また、小倉池で見かけた、好物の魚と格闘中の「カワセミ」をご紹介します。

 http://www.mycom-japan.co.jp/saga/saga_0712.htm

――――――――――――――――――――――――――――――
◆◇◆ マイコムの海外拠点から届いた写真のご紹介 ◆◇◆

 韓国で最初に国宝に指定された「南大門」の写真をご紹介します。
朝鮮王朝時代の1398年に完成したソウル市街を囲む城郭の正門で、
元は「崇礼門」と呼ばれていましたが、南の方角にあることから「南大門」
と呼ばれるようになりました。

 http://www.mycom-japan.co.jp/company/picture/0712.htm

――――――――――――――――――――――――――――――
◆◇◆ マイコム・メールマガジン編集者からのお知らせ ◆◇◆

【 次号予告 】
<技研便り>
■ MECHATROLINK対応製品の使用方法等をご紹介する予定です。

==============================================================
製品に関するお問い合わせ sal@mycom-japan.co.jp

 各種デモビデオと総合カタログを収録したCD-ROMカタログも用意して
いますので、下記のページよりお申込ください。
http://www.mycom-japan.co.jp/cgi-bin/mail/info.html

 メールマガジンの配信先変更および配信停止をご希望される場合は、
お手数ですが、メールアドレスをご記入の上、下記までご連絡ください。
info@mycom-japan.co.jp

==============================================================

マイコム株式会社 国際化情報室
〒616-8303 京都市右京区嵯峨広沢南下馬野町12番地
TEL: (075)882-3601 FAX: (075)882-6531
URL  http://www.mycom-japan.co.jp/