マイコムホームページはこちら
メールマガジン新規配信登録はこちら (問い合わせフォームよりお申し込み下さい)
------------------------------------------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【MYCOM NEWS】      Vol.33   2006.12.18
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━ Index ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ――――――――――――――――――――――――――――――
 ■技研便り 
  【 MECHATROLINKを使用した搬送ロボットシステム 動画紹介  】
 ――――――――――――――――――――――――――――――
 ■展示会結果報告
  【 中小企業総合展 in Tokyo 結果報告 】
 ――――――――――――――――――――――――――――――
 ■「マイコムの独り言」 ・・・ 一言コラム
  【 マイコムの空創(その22)
  ・・・創造を成す「考える器」について<その5>・・・ 】
 ――――――――――――――――――――――――――――――
 ■京都・嵯峨野の風
  【 四季折々の風景・花をご紹介 】
 ――――――――――――――――――――――――――――――
 ■マイコムの海外拠点から届いた写真のご紹介
 ――――――――――――――――――――――――――――――
 ■マイコム・メールマガジン編集者からのお知らせ
  【 次号予告 】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

――――――――――――――――――――――――――――――
◆◇◆ 技研便り ◆◇◆
【 MECHATROLINKを使用した搬送ロボットシステム 動画紹介 】

 このコーナーでは、技術研究所をはじめとするマイコムの技術現場の
最新情報を紹介しています。

 今月は、SEMICON JAPANでも展示をしましたモーションフィールドネット
ワークのMECHATROLINKを使用した搬送ロボットシステムの動作の様子
をご紹介いたします。

 MECHATROLINKT/Uの対応機器を最大30局まで制御出来るPCI-bus
ホストコントローラボード「MLH20-1030」を使用して、ステッピングモータ
制御の多関節ロボットやサーボモータ、I/O機器、インバーターの制御を
行っています

 ↓MECHATROLINKを使用した搬送ロボットシステムの詳細はこちら↓
 http://www.mycom-japan.co.jp/giken/200612/mlh20_0612.htm

――――――――――――――――――――――――――――――
◆◇◆ 展示会結果報告 ◆◇◆
【 中小企業総合展 in Tokyo 結果報告 】

 11月29日(水)から12月1日(金)までの3日間、東京ビックサイトにて、
「中小企業総合展 in Tokyo」 が開催されました。

 当社ブースでは、マイコムの独自制御技術によるナノ・ドライブ型ステッ
ピングモータを搭載したクリーム半田塗布ロボットの「MR-300シリーズ」や
東京工業大学でマイコムの独自機構技術を搭載し開発中の「自走マスコット
ロボット」、「電子カムコントローラ」や「自動刻印装置」、他各種モータ制御
機器を展示致しました。

 ↓中小企業総合展 in Tokyo の結果報告詳細はこちら↓
 http://www.mycom-japan.co.jp/exhibition/20061129k.htm

――――――――――――――――――――――――――――――
◆◇◆ 「マイコムの独り言」・・・ 一言コラム ◆◇◆

■ マイコムの空創(その22)
  ・・・創造を成す「考える器」について<その5>・・・■

 今回は、12通りの意識パターンにおける、感覚識(視覚識・聴覚識・嗅覚識
・味覚識・触覚識)・理性識・本性識・記憶識から構成される意識器官(意識
システム)の様相をお話しします。

 例えば、感覚識に属しています視覚識には光の強さや色覚、聴覚識には
音の強弱、高低とその変化、リズムといったように、各識には役割とする知識
が存在します。

 目・耳・鼻・舌・皮膚といった感覚器官から得る刺激は感覚識でそのなかの
知識と照合され、その結果は意識信号として理性識で一時記憶するとともに、
本性識や記憶識にある知識と統合して運動・言語器官を働かせます。

 また、各識に存在する知識は、先天的なものと後天的なものがありますが、
いずれも元々は半知識として存在していて、経験したか否かで甦るものです。
例えば、子供にとっては、知識を司ります脳神経細胞数の一時低下が起こり
ます。それは、先人から引き継いできた半知識のなかで、現環境に順応しな
ければならない必要とする半知識だけを甦らせて、意識器官とするシステム
の合理性を進めようとする活動を物語るものです。そして、その後は、いろい
ろな刺激を受けて経験を積むことにより、必要な半知識同士が結びついて
新たな半知識を育み、再び脳神経細胞数を増やしていくことになります。

 いろいろな経験を得るのは意識器官の働きです。意識器官は、感覚器官
から得るいろいろな刺激の種類とその度合に変換して伝達すること、それら
の刺激を記憶すること、そして新たな刺激と過去の記憶との比較を行い、
運動器官や言語器官を繰り返し働かせることで半知識同士の関連付けが
行えるネットワークを形成します。

 このようななかで、いろいろな刺激を受けて経験する意識器官の様相は、
http://www.mycom-japan.co.jp/mail/mag/200612/0612.htm
をご覧下さい。

<湯場崎直養>

――――――――――――――――――――――――――――――
◆◇◆ 京都・嵯峨野の風 ◆◇◆
このコーナーでは四季折々の風景・花を紹介していきます。

 今月は、紅葉をバックに朝霧が立ちこめる”広沢の池”と、鯉上げが終わっ
た後で水がなくなった”広沢の池”の写真をご紹介します。
 鯉上げとは、年に一度この時期には池の水を抜き、鯉やフナの収穫・販売
される行事です。

 また、今年の3月以来久しぶりに小倉池で見かけたカワセミの写真もあわせ
てご紹介します。

 http://www.mycom-japan.co.jp/saga/saga_0612.htm

――――――――――――――――――――――――――――――
◆◇◆ マイコムの海外拠点から届いた写真のご紹介 ◆◇◆

 今月はシンガポールマイコムから届いた、シンガポールのシンボルとして
有名なマーライオンの写真をご紹介します。

 http://www.mycom-japan.co.jp/company/picture/0612.htm

――――――――――――――――――――――――――――――
◆◇◆ マイコム・メールマガジン編集者からのお知らせ ◆◇◆

【 次号予告 】
 次月は、フィリピンのブラカン州立大学に設置された弊社製品を使用した
制御トレーニング・センターの様子をご紹介いたいます。

==============================================================
製品に関するお問い合わせ sal@mycom-japan.co.jp

 各種デモビデオと総合カタログを収録したCD-ROMカタログも用意して
いますので、下記のページよりお申込ください。
http://www.mycom-japan.co.jp/cgi-bin/mail/info.html

 メールマガジンの配信先変更および配信停止をご希望される場合は、
お手数ですが、メールアドレスをご記入の上、下記までご連絡ください。
info@mycom-japan.co.jp

==============================================================

マイコム株式会社 国際化情報室
〒616-8303 京都市右京区嵯峨広沢南下馬野町12番地
TEL: (075)882-3601 FAX: (075)882-6531
URL  http://www.mycom-japan.co.jp/