マイコムホームページはこちら
メールマガジン新規配信登録はこちら (問い合わせフォームよりお申し込み下さい)
------------------------------------------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【MYCOM NEWS】      Vol.12   2005.3.15
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━ Index ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ――――――――――――――――――――――――――――――
 ■新製品のご案内
  【 Z軸補正機能付き クリーム半田塗布ロボット  「MR-300-A06 】
 ――――――――――――――――――――――――――――――
 ■幻の製品紹介
  【 ステッピングモータ・サーボモータ用コントローラの変遷 】
 ――――――――――――――――――――――――――――――
 ■技研だより
  【 メカトロニクス研究室 「マイクロマシン開発の最新情報」 】
 ――――――――――――――――――――――――――――――
 ■「マイコムの独り言」 ・・・ 一言コラム
  【 マイコムの空創(その4) ・・・空創の10在位<その2>・・・ 】
 ――――――――――――――――――――――――――――――
 ■京都・嵯峨野の風
  【 四季折々の風景・花をご紹介 】
 ――――――――――――――――――――――――――――――
 ■マイコム・メールマガジン編集者からのお知らせ
  【 次号予告 】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

――――――――――――――――――――――――――――――
◆◇◆ 新製品のご案内 ◆◇◆
【 Z軸補正機能付き クリーム半田塗布ロボット 「MR-300-A06」 】

 クリーム半田塗布ロボット「MR-300DS」にレーザー測長器を搭載し、
塗布基板のそり量を自動測定してZ軸の位置補正を行うことで、高精度な
クリーム半田の塗布を実現した新商品「MR-300-A06」を紹介します。

 ■ MR-300-A06特徴 ■
 ○レーザ測長器を搭載し、Z軸と塗布基板の位置を20μm以下の精度で補正
 ○X軸250mm Y軸200mm Z軸70mmのワイドストローク
 ○駆動軸には独自技術で開発したナノドライブ型ステッピングモータ・ドライバ
  を搭載し、分解能1μmの高精度な位置決めと低振動を実現
 ○移動速度は各軸0.1〜300mm/sec
 ○少量多品種生産やリペアに最適
 ○本体内部に8個のプログラムを保持する事ができ、外部スイッチで
  オフラインでの動作が可能
 ○軽量 約27kg ・ コンパクト 394(W)×379(D)×498(H)mm

 ↓MR-300-A06の詳細についてはこちら↓
 http://www.mycom-japan.co.jp/doa/mr300ds/mr300a06.htm

――――――――――――――――――――――――――――――
◆◇◆ 幻の製品紹介 ◆◇◆
【 ステッピングモータ・サーボモータ用コントローラの変遷 】

 ステッピングモータ・サーボモータの普及にあわせるかのようにコントローラ
技術も飛躍的に発展してきました。マイコムでは独自で開発したパルス
発生用LSIをコントローラに搭載し、製品ラインナップを拡大してきました。
今回はスタンドアロンタイプ・コントローラについて年代を追ってご紹介します。

 ↓スタンドアロンタイプ・コントローラの変遷についてはこちら↓
 http://www.mycom-japan.co.jp/controller/old/old.htm

――――――――――――――――――――――――――――――
◆◇◆ 技研だより ◆◇◆
【 メカトロニクス研究室 「マイクロマシン開発の最新情報」 】

 このコーナーでは、技術研究所をはじめとするマイコムの技術現場の
最新情報を紹介しています。
 今月は、メカトロニクス研究室が担当しています、マイクロマシン開発
の最新情報を紹介します。

 約15年前に販売していたCNCミーリング・ドリリングマシン「DYNA MYTE
 2400」の加工風景を映像でご紹介するとともに現在開発中の新型
マイクロマシンの概要をご紹介します。

 ↓マイクロマシン開発の最新情報はこちら↓
 http://www.mycom-japan.co.jp/giken/200503/0503.htm

――――――――――――――――――――――――――――――
◆◇◆ 「マイコムの独り言」・・・ 一言コラム ◆◇◆

■ マイコムの空創(その4) ・・・空創の10在位<その2>・・・ ■

 「空創10在位」は10段階の創造能力で示されます。前回にはそのなかの
前半部分、第1在位から第5在位についてお話ししました。そこではどちらか
といえば、既存知識を得るための受動的な行いといえるものでした。今回は
後半部分の第6在位から第10在位についてお話しします。

 第6在位から第10在位は、第6在位「究創」、第7在位「行創」、第8在位
「真創」、第9在位「悟創」、そして第10在位「無創」といった段階で、自身の
能力を自身で磨き上げるような能動的な能力で、後進に模範を示すことの
できる行いであります。オンリーワンと称されるような独創的な会社で指導的
立場にある技術者にとっては欠かすことのできない創造能力であり、ぜひ挑戦
してほしいと思います。

 オンリーワンと称されるような独創的な技術開発には、既に技術領域にある
知識だけでは無理があります。それには知識の源を知り、技術領域から眺め
た、技術と科学の関係や技術と生活文化の関係を認識することから始めねば
ならないと思います。

 技術と科学の関係や技術と生活文化の関係を認識するには、大まかなところ
ですが、唯物論的思考と観念論的思考との「ゆらぎ的」なバランス感覚が必要
と思います。

 唯物論的思考は「生命・心・自然的現象・社会的現象などのすべての事象は
物質によるもの」として捉え、一方の観念論的思考は「ある対象についてイメー
ジを抱き、真理を追求すること」として捉えています。したがって、唯物論的思考
で捉えられた物質は、観念論的思考ではイメージの1つとして捉えています。

 このようなことから唯物論的思考は細分化や微細化を捉え、観念論的思考
は総合化や統合化を捉えた思考といえ、独創的な技術の生育には双方とも
欠かせないものといえます。

 独創的な技術の生育には、科学領域(自然・社会、事象の発見)、科学・
技術領域(理論・法則、知識)、技術領域(知識応用・製品化、発明)、そして
技術・科学領域(環境文化、創造)にその過程があります。

 科学・技術領域は、科学領域から得た知識による「発想」によって新しい技術
を創出する過程で、「発想技術」を育み、その中から「突然変異」が起きるように
「進化技術」を育むこともできます。そして、オンリーワンと称される独創的な技術
は、この進化技術を指します。

 また、技術・科学領域は技術領域における発達や発展の成果を科学領域に
帰還する過程で、後進への体系化された知識を育みます。このような創造過程
は、人や生物の進化・発達とする過程と似たところを物語るものです。

 次回は、「発想技術」や「進化技術」についてお話しします。<湯場崎直養>

――――――――――――――――――――――――――――――
◆◇◆ 京都・嵯峨野の風 ◆◇◆
このコーナーでは四季折々の風景・花を紹介していきます。

今月はマイコム本社に咲いたポリアンサの花のご紹介です。

 http://www.mycom-japan.co.jp/saga/saga_0503.htm

――――――――――――――――――――――――――――――
◆◇◆ マイコム・メールマガジン編集者からのお知らせ ◆◇◆
 【 次号予告 】

<技研だより>
■生産開発本部ドライブニクス開発ショップが担当していますNanoDrive
制御型ステッピングモータの角度精度の均等性を検証します。

<幻の製品紹介>
■今月はスタンドアロン型コントローラの変遷をご紹介しましたが、来月
はボード型ステッピングモータ用/サーボモータ用コントローラの変遷を
紹介します。

==============================================================
製品に関するお問い合わせ sales@mycom-japan.co.jp

各種デモビデオと総合カタログを収録したCD-ROMカタログも用意して
いますので、下記のページよりお申込ください。
http://www.mycom-japan.co.jp/cgi-bin/mail/info.html

メールマガジンの配信先変更および配信停止をご希望される場合は、
お手数ですが、メールアドレスをご記入の上、下記までご連絡ください。
info@mycom-japan.co.jp
==============================================================

マイコム株式会社 国際化情報室
〒616-8303 京都市右京区嵯峨広沢南下馬野町12番地
TEL: (075)882-3601 FAX: (075)882-6531
URL  http://www.mycom-japan.co.jp/